猛暑、厳寒、騒音などなど。セルローズファイバーは、人に不快となるさまざまな要因をすペてシャットアウト。家庭に安らぎのひとときを取り戻します。


家族それぞれが一日を終え、食卓に集まる団らんのひととき。いつもと変わらないはずの家族の会話が今日からはいっそう弾みそう。


セルローズファイバーなら、赤ちゃんのお肌や、お年寄りにもにも安心。天然素材の限りないやさしさとくつろぎが家族をおおらかに包み込んでくれます。


“防ぐ”ということは“守る”ということ。セルローズファイバーは目に見えない場所で縁の下の力持ちとなって、家族の幸せを守り続けます。

 


■熱を断つから冷暖房費が安くなる。
暖房してもなかなか暖まらない。冷房がききにくい。冷暖房費がかさむ。そんな悩みも一気に解決。セルローズファイバーなら他の断熱材に比べ、熱伝導率が小さく、しかも隙間なく敷きつめられるので、高い断熱効果を発揮。天井・壁・床から熱が逃げたり、入り込んだりしません。天井のみで暖房の費用を20%も節約できます。


■騒音をやわらげるからイライラしない。
隣のオーディオがうるさいとか、自動車の騒音で夜も眠れないとか、ピアノの音で近所に迷惑をかけているとか、そんな場合はセルローズファイバーが最適。繊維を取り巻く多くの空気と隙間のない施工とによって、家の中からの音をおさえ外からの騒音をやわらげ、優れた防音効果をもたらします。


■結露を防止し部屋はいつもカラリ。
木質繊維特有の吸放湿性が、断熱材内部での結霜を防止します。外気の湿度が高いときには吸い取り、乾燥しているときには蓄えた湿気を徐々に吐き出すという、生きている繊維ならではの防露効果を発揮しますので、部屋の中はいつも快適な湿度に保たれます。


■万−の火災にも対応万全。
セルローズファイバーは、ホウ素系の薬品によって防燃処理された建設大臣認定の準不燃材料。1,000℃の炎にも表面が焦げるだけです。万が一火災が発生しても、延焼を防ぎ、そのうえ有毒ガスも発生しません。


■アメリカでも認められた安全性。
もともとセルローズ(木質繊維)であり、添加されているホウ素系薬品は、医療や食器にも使用され、人体への蓄積や残留がありません。しかも安全基準に厳しいアメリカで、50年以上の歴史があります。


■押し入れの嫌なカビもシャットアウト。
薬品処理と、天然素材が持つ吸放湿性のダブル効果で、カビをシャットアウト。押し入れの中の嫌な匂いの発生を防ぎ、布団が湿っぽくなったりという心配もありません。


■金属を錆びさせない。
クギなどの金属と接触してもサビの発生を防止する薬品処理が施されています。サビによって建物が破壊される心配がありません。


■水をはじくから雨満りしても大丈夫。
屋根が雨漏りしても大丈夫。水をはじく(撥水)処理がしてありますから、セルローズファイバーが水を吸って重くなり、天井が落ちたりすることはありません。


■害虫もよせつけない。
ホウ素系薬品処理で、カビや菌の発生を防止。ゴキブリなどの害虫も寄せつけません。


■ホルムアルデヒド等を含んでいません。
(財)建材試験センターにてホルムアルデヒドの放散試験の結果F☆☆☆☆等級が認められております。

 


成功する家造りの第一歩は資料請求から!

どうぞお気軽にご請求くださいませ!

ご希望の方には”読んで得する小冊子”プレゼントいたします!

Copyright(c) 2013 JRC Corporation. All Rights Reserved.