これから注文住宅を建てたいけど、どのくらいお金がかかるのだろう?
新築購入の時、費用面で不安を抱える人は多いのではないでしょうか。
事前に注文住宅の費用の相場がどのくらいなのか、知っておくことは大切です。
本記事では、注文住宅の費用の相場を紹介したいと思います。

注文住宅の費用の相場における基本的知識

注文住宅を購入した人の具体的な費用はどのくらいでしょうか?

一般的に費用面では、2000万円台や3000万円台くらいで購入している人が多いです。
しかし、この金額は土地や家の大きさ、構造等により変化します。
特に注文住宅は、家の構造や地域により費用の相場も大きく左右されます。

注文住宅を建築する時に、考えるべきポイントは3つです。

1つ目は、家の広さをどのくらいにするかです。
この点は地域によって異なりますが、田舎になるほど土地を広く使うことができ、広い家を建築しやすくなるでしょう。

2つ目は、家の階数を何階にするかです。
都市部では、土地が狭いことが多いため、3階建てなど住宅の階数が高めに設定されることもあります。
階数が高くなると、当然建築時のコストも高くなります。

3つ目は、どの地域に建築するかです。
住むにあたり、どのような環境の地域に建築するのかも費用に関わります。
例えば、交通の便が良いか、生活しやすい街かどうか等が挙げられます。
住宅だけでなく、これから長く住む場所の環境も重要になりますよね。
環境に恵まれた場所であるほど、費用も高くなってきます。

注文住宅の費用の相場を下げるためにできることは?

注文住宅は、建築する前に家の構造をハウスメーカーと相談します。
その時、注文住宅の費用の相場を安く抑えるように作ることも可能です。

具体的には、家の設備や資材を必要に応じて高価な物と安価な物の使い分けをすることが挙げられます。
設備の部品は性能に応じて価格も様々あります。
こだわりたい部分とのメリハリをつけることにより、費用を抑えることができるでしょう。

次に、住宅を複雑な構造にせず、シンプルな形にすることです。
せっかくの住宅なので、外観等こだわりたいところもありますが、複雑すぎると費用も高くなります。
一般的なシンプルな形にすることで費用も安く収まるでしょう。

最後は、部屋数を少なくして、なるべく壁を作らないような間取りにすることです。
部屋数が多いと壁を多く設置することになり、壁が多いほど費用も高くなります。
壁を少なくすると費用も安くなり、陽が当たりやすい部屋も造りやすく、一石二鳥ですよね。

まとめ

本記事では、注文住宅の費用の相場について、住宅の設備や建築する地域の環境に触れてきました。
紹介した家の広さ、階数、地域の3つのポイントを参考に、希望に合った住宅をイメージしてみてください。
また、注文住宅では、お金をかけるべき部分とそうでない部分の見極めがとても重要です。
注文住宅を考えている方は、住むにあたり譲れない部分を確認しておきましょう。